借金返済で暮らし変わる

 

月々の支払いが半額以下!減額交渉に成功しました!

 

ギャンブルや旅行が趣味で、社会人になってからも、浪費癖が直らなかったXさん。

借金の返済額が負担になり、結婚も考えられない状況に陥ります。

どうにも苦しくなり、弁護士に相談したところ、任意整理してはどうかと提案されました。

結果、貸金業者への減額交渉に成功!

月々の利息がゼロになり、月々の返済額も半分以下になりました。

「これからはしっかりしよう!」と、節約を始めたようです。

 

 

パートナーに内緒で借金を大幅に減額できました!

ブランドバッグが大好きなYさん。

パートナーに内緒でかなりの借入をしてしまいました。

いよいよ返済が困難になり、弁護士に相談。

債務整理をすることで、月々の返済額が下がり、借金を完済する希望が見えてきました。

 

 

借金を返済して、気持ちも暮らしも豊かにしたい!

 

借金が多額になってしまうと、お金はもちろん、気持ちも暮らしも、まずしくなってしまいますよね。

しかし、話が借金のことだと、気軽に友人・知人に相談する訳にもいかず、「借金を返すための借金を繰り返してしまう」(多重債務)ということが、よくあります。

この借金問題を解消するには、適切な知識と行動が重要になるのです。

借金をしてしまった過去は変えられませんが、今から正しく行動すれば、借金の減額、帳消し、払いすぎたお金を返してもらうなどで、未来を変えることができますよ。

 

れでは、今から、借金返済に見通しを立てる4つのメソッド(方法)や、借金に関わるお悩みについて、分かりやすく説明していきます。

 

借金返済に見通しを立てる4つのメソッド

 

「債務整理」という言葉を聞いたことがありますか?

 

借金についての「債務」は、特定の相手に借りたお金を返す義務のこと。

 

つまり、「債務整理」は、借金を減額したり、支払いに猶予を持たせるなど、弁護士と賃貸し業者の間で交わされる、公的な手続きのことです。

 

この債務整理の方法には、「任意整理」「過払い金請求」「個人再生」「自己破産」の4つがあります。

 

いずれにしても、あなたが弁護士に依頼して、これらの手続きを行えば、賃貸し業者に対し、弁護士が受任通知を送付します。

 

受任通知は、「弁護士が代理人として債務整理の手続きを開始します」「取り立ての停止要請をします」といった内容の通知文です。

 

この通知文により、賃貸し業者は取り立てを停止することになります。

 

落ち着いて、債務整理をできるようになったところで、借金返済に見通しを立てる4つのメソッドについて、詳細をみていきましょう。

 

「任意整理」で利息をカット!返済が楽になる

 

「任意整理」とは、債権者(借入先)との直接交渉によって、「これから払う利息(将来利息)をカット、元金を3~5年の分割払いで支払います」という約束をする手続きです。

利息の他に遅延損害金(借金の返済が遅れてしまった場合に発生する罰金のようなもの)があれば、これも免除してもらう交渉をします。

 

 

生活費の借金を重ねてしまって、利息を返す事も難しくなってしまいました。

 

 

そうなんですね!わかりました。現在、安定したお仕事はされていますか?

 

 

はい。フルタイム勤務です。

 

 

それなら、任意整理して一度、借金をリセットしましょう。

安定した仕事をしているなら、任意整理することで、利息や遅延損害金をなくし、毎月の支払いを元金だけにしぼることができますよ。

 

 

利息がなくなるなら、毎月の支払いが少なくなって助かります!

それに、ちゃんと元金を返済できるんですね。

 

 

そうなんです。これなら計画的に、借金を返済できそうでしょう?

 

 

 

            

 

任意整理をする時は、裁判所を通す必要がありません。

だから、比較的、手続きが簡単で、約2~6ヶ月の短期間で、借金返済の見通しが立ちます。

また、必要な書類の郵送も、できる限り(郵便局留めにする・任意整理を示す言葉を書かないなど)配慮できるため、「家族(会社)に知られたくない」という人に向いています。

 

任意整理のメリットとデメリットを簡単にご紹介します。

 

任意整理のメリット

  • 裁判所を通す必要がない
  • 短期間(約2~6ヶ月)で借金返済の見通しが付く
  • 家族(会社)に知られにくい
  • 任意整理する借金を選べるため、家や車を残せる
  • 保証人のいる借金を除外すれば、保証人に迷惑がかからない
  • 取り立ての停止

 

家族に知られにくいことや、仕事をこれまで通り続けられるので、任意整理をする利用者が、債務整理の中で一番多いのが特徴です。

 

デメリット

  • 信用情報機関での事故登録(ブラックリストに載る)
  • 元金を減額する訳ではない
  • 和解交渉に応じてもらえない可能性がある

 

 

信用情報機関での事故登録は、通称「ブラックリストに載る」と言ったりしますが、再びクレジットカードを作って、借金を増やす理由でもなければ、そんなにデメリットにはなりませんよね。

また、任意整理では、元金を減額する訳ではないので、安定した仕事を続けていく必要がありますよ。