任意整理

任意整理で銀行口座が凍結しても新規開設できる方法とは?

 

相談者
相談者
銀行口座は、任意整理すると、凍結されるの?新規の口座は作れないの?

 

銀行口座が任意整理によってどんな影響を受けるのか、『凍結』されないのか、心配になりますよね。

 

そこで、今回のポイントはこちらです。

 

銀行口座にしっかり事前準備をしておけば、任意整理をして、例え『凍結』されたとしてもでも、生活に支障はありません!

 

管理人
管理人
銀行口座の使用が制限されてしまう期間は、約1ヵ月~3ヵ月程で、場合によっては、凍結されないこともあります

 

という訳で今回は、『銀行口座の凍結』『任意整理』の関係について、詳しく解説していきますね!

 

 

任意整理で銀行口座は必ず凍結するの!?

 

「任意整理をしたら銀行口座が凍結してしまう!」と不安に思っていませんか?

銀行から借りたお金を任意整理しなければ、特になにも起こりませんので、ご安心を。

 

そうなのですね♪

 

それでは、任意整理によって銀行口座が凍結されてしまう状況について、まずは詳しく見ていきましょう。

 

 

凍結するとはどういうこと?

 

銀行口座凍結というと、なんだか寒々しくて、少し怖いようなイメージがあります。

 

ですが、過度に恐れる必要はありません。

正しく理解して対処していきましょう。

 

銀行口座のお金の出し入れなど、取引が全くできなくなってしまう状態のことを、「凍結」と呼びます。

注意点として、同銀行の他支店に、同じ名義の口座があった場合、そちらも取引できません。

 

これにより、債務者(借金をした人)側が受ける影響があります。

例えば、次のような取引ができなくなるのです。

 

  • 給料の振り込み
  • 公共料金の引き落とし
  • 現金の引き出し

 

管理人
管理人
そのため、口座にはお金が残らないよう、すべて出金しておいてください

 

なお、「任意整理以外の債務整理」・「口座の不正利用」・「預金者の死亡」等でも、その銀行が必要だと考えれば、口座の凍結が行われます。

 

なぜ任意整理をすると銀行口座の凍結が行われるのか?

 

銀行が貸したお金が、任意整理される場合、「借金と口座の残高を相殺する権利」が銀行にはあります。

相殺(そうさい):差し引きして帳消しにすること

 

任意整理の対象となる借金に、銀行からの借入金が含まれる場合、銀行は「少しでも口座に残った預金を回収しよう」考えます。

そのため、債務者(借金をした人)が、現在、口座に残っている預金を引き落とせないよう、口座を凍結するのです。

 

銀行口座が凍結される場合の具体例

 

前述の通り、銀行からの(カードローンなど)借金がなければ、『凍結』は、されないと考えて大丈夫です。

ですが、マイカーローン、住宅ローン、銀行系列の賃金業者・・・など、『凍結』の判断が難しい場合もあります。

 

ここでは、銀行口座が凍結される具体例を見ていきましょう。

 

例1 同じ名義の口座を他支店にも持っている

同じ名義の口座であれば、例え、カラフル銀行 赤色支店(仮名)で借りて、緑色支店(仮名)には関係ないなど、借金が関係しない場合にも、凍結されてしまうリスクがあります。

 

違う銀行なら、同名義の口座でも制限されることはありません。

 

メインバンクとして使用していた口座が凍結されてしまう場合、その影響が大きいはず。

「どの銀行から借りたお金を、任意整理の対象にするか?」は、選ぶことができます。

可能であれば、現在『主に使用している銀行の借金』は、今回の任意整理から外し、これまで通り返済していくのがベターです。

 

例2 マイカーローンや住宅ローンを任意整理する

「銀行カードローンからの借り入れがない」といっても、安心はできません。

同じ銀行で組んだマイカーローンや住宅ローンでも、任意整理をした場合、口座が凍結されて(使用が止められて)しまいます。

つまり、銀行口座の凍結に、任意整理する借金の種類は関係がないのです。

 

例3 同じ銀行系列のカードローンを任意整理する

カードローンの業者には、銀行系とノンバンク系の2種類があります。

貸金業者の中には、ノンバンク系であっても、銀行の系列企業が多く含まれます。

そのため、貸金業者からの借金だけを任意整理しようとしても、同じ系列の銀行から、借金を一括返済するよう迫られ、『口座』が『凍結』される場合があるのです。

 

というのも、銀行と同じ系列の貸金業者が、銀行のカードローン保証会社であることが多いからです。

(上の図で例えると、AローンがB銀行の保証会社)

 

保証会社と代位弁済

銀行(貸主・債権者)がお金を貸してくれるのは、審査を通過し、その人が信頼できると判断した場合です。

ところが、債務者(借りる人)の返済が滞ってしまうことがあります。

その借金を、債務者に代わって銀行に一括で返済するのが、保証会社

 

この「借金を債務者に代わって銀行に返済」することが、代位弁済(ダイイ ベンサイ)です。

代位弁済は、銀行(貸主・債権者)の貸し倒れリスクを軽減するための制度であって、債務者の返済を猶予するものではありません。

 

 

保証会社が銀行に返済することで、今度は保証会社から債務者に督促が。

債務者から保証会社への返済も一括返済で、支払えない場合、財産の差押えもあります。

代位弁済されないためには、滞納しないことが重要です。

 

 

銀行カードローンの保証会社一覧

主な銀行カードローンの保証会社(貸金業者)一覧です。

銀行カードローン 保証会社(貸金業者)
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション
三井住友銀行カードローン プロミス株式会社
三菱UFJ銀行カードローン アコム株式会社
セブン銀行カードローン アコム株式会社
ソニー銀行カードローン アコム株式会社
りそなプレミアムカードローン オリックス・クレジット株式会社
イオン銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社
イオンクレジットサービス株式会社

 

管理人
管理人
このように、複数の銀行で保証会社をしている貸金業者もあります

 

銀行口座が凍結されない場合の具体例

 

それでは次に、銀行口座が取引停止(凍結)に至らない、具体例も見ていきましょう。

 

例1 別の銀行の口座を使用する場合

任意整理の選択をすると、信用情報機関に事故情報が登録されます。

すべての銀行で口座を凍結(使用を制限)されてしまうのでは?

・・・と心配になりますよね。

 

でも、大丈夫です。

管理人
管理人
任意整理をした借金のある銀行以外でも、その事故情報を知ることはできますが、口座の凍結や新規開設ができなくなるということはありません!

 

例2 銀行からの借金は任意整理を行わない場合

任意整理では、どの借金を整理するのか、自分で選択することが可能です。

例えば、A社(銀行)B社(銀行以外)C社(銀行以外)に借金があり、B社・C社の借金のみを任意整理した場合は、銀行口座は無関係なため、特に何も行われません。

 

例3 銀行の子会社から借りたお金を任意整理する

 

銀行の子会社からの借金を任意整理したら、親会社の口座も影響を受ける可能性があるのでは?

 

・・・という不安もあるかと思います。

 

管理人
管理人
親会社の銀行口座が、その影響を受けて、『凍結される』ということはありません!

 

ただし、その子会社が銀行カードローンの保証会社になっている場合、口座の使用を制限されてしまう恐れがあります。

 

 

銀行口座が凍結される期間

 

管理人
管理人
銀行口座は、一度凍結されてしまうと、おおむね1ヵ月~3ヵ月間は使用ができなくなります。

 

その間、給与の引き落としや、公共料金(電気・ガス・水道など)の引き落としもできません。

その間、『給与』や『公共料金(電気・ガス・水道など)』の引き落としもできません。

 

どうしても銀行口座が必要なんです!

 

管理人
管理人
そうですよね。任意整理の対象ではない、別の銀行で口座を開設しましょう

 

ネットバンクの活用も、考えてみてください。

口座の凍結はいつからはじまるの?

 

任意整理でまず行われるのが、賃金業者への「受任通知」の送付です。

受任通知:弁護士(または司法書士)が「これから私が、債務者(借りた人)の代理人として任意整理を始めます」と、賃金業者側に知らせるもの

 

この通知を受け取った時点で、銀行側(貸金業者)は債務者が任意整理をすることを知ります。

繰り返しになりますが、銀行は、口座に少しでも蓄えがあれば、そのお金を借金の返済に回し、相殺しようと考えます。

相殺(そうさい):差し引きして帳消しにすること

 

そのため、受任通知が届き次第!すぐに!口座を凍結させるのです。

 

口座凍結はなぜ1~3ヵ月で解除されるの?

 

前述の通り、銀行カードローンは、必ず保証会社と提携しています。

銀行は、その保証会社から、一括で代位弁済された後、つまり、銀行が『すべての借金を回収した』と判断した時点で、口座の凍結を解除するのです。

代位弁済保証会社が債務者に代わり銀行に一括返済すること

 

銀行に受任通知が届き、保証会社による代位弁済の手続きが完了するまでの期間が、おおむね1~3ヵ月なので、口座の凍結も1~3ヵ月で解除されます。

 

口座の凍結が行われると何ができなくなるの?

 

それでは、具体的にどのような影響があるのか、確認していきましょう。

 

これまで利用してきた取引への影響

 

その取引停止が解消されるまで、一切の取引ができない状況です

勤め先の会社が『給与』を振り込むことも、『家賃』『公共料金』などの自動引き落としも、利用できません。

 

管理人
管理人
特に家賃の支払いが滞ってしまうと、追い出されてしまうこともありますので、困ってしまいますよね

 

勤め先に任意整理したことが知られてしまう可能性

 

任意整理をしたことは、できるだけ人に知られたくないと思いませんか?

口座凍結されている期間に、給与の振り込みが行われた場合、銀行から勤め先に、「口座の取引ができません(凍結されています)」との『通知』があります。

この通知で、勤め先は『口座が凍結されていること』を知り、任意整理したことも疑われるかもしれません。

このようなことにならない為に、次のどちらかの対策を取りましょう。

  • 給与の振込先を、AB銀行(仮名)からO銀行(仮名)などへ、『口座変更』する
  • 例え凍結された口座でも、給与だけは振り込めるよう、弁護士または司法書士に交渉を依頼する

 

銀行によっては、給与を窓口で受け渡してくれるなど、口座に入金はできませんが、債務者(借りた人)に寄り添った対応をしてくれる場合もあります。

管理人
管理人
給与の振り込みについて、気になることがあるときは、弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

クレジットカードはこれまで通り使用できる場合も

 

クレジットカードの引き落としが、今回、取引停止した口座と関係がないのであれば、そのクレジットカードは引き続き使用できます。

 

しかし、新規でクレジットカードを作成することは、約5年~7年間できません。

これは、任意整理することによって、信用情報期間に事故情報(ブラックリスト)登録されてしまうためです。

 

借金がない銀行の口座は新規開設が可能

 

任意整理をしている間、その対象となる銀行の口座は、新しく開設することができません。

逆に言うと、任意整理とは関係のない、他の銀行であれば、任意整理中でも開設が可能です。

 

任意整理をした銀行であっても、全ての手続きが完了すると、新規で開設できます。

 

管理人
管理人
ちなみに、犯罪などでも、取引ができなくなる(凍結される)ことがあります。
この場合は、どこの銀行でも、約7年間、新規口座を開設できません

 

 

銀行口座が任意整理で凍結される前にしておきたい準備

 

銀行口座が任意整理で凍結される前に、その影響ができるだけ少なくなるよう、準備をしておきましょう。

 

預金は全て引き出しておく

 

弁護士(司法書士)から銀行に、受任通知が届く前に、預貯金の残高が残らないようにしておきましょう。

 

銀行口座が凍結されると、預金は残りの借金と相殺されてしまいます。

特に注意したいのが、借金のある銀行、例えば『AB銀行カラス町支店(仮名)』だけではなく、『AB銀行ハト村支店(仮名)』にも口座を持っている場合です。

同銀行・同一名義の口座は、『カラス町支店(仮名)』『ハト村支店(仮名)』のように、全く別の支店であっても、全ての取引が停止されてしまうので、残高がないように、全て引き出しておいてください。

 

他の銀行で給与を受け取る

 

給料が振り込まれる銀行口座が、取引停止になっては困るのなら、『今回の任意整理とは何も関係のない銀行』へ、振込先を変更しておくのがベターです。

 

もしも変更が間に合わなかった場合、給料が引き出せなくなってしまったり、勤め先に債務整理の事実を知られる可能性があります。

 

これは銀行との交渉にもよるのですが、『給料』の振り込み、または、引き出しのみ、対応してくれることもありますが、100%うまくいくとも限りません。

給与の振込先を、他の銀行に変更しておけば、不安が解消できます。

 

口座凍結後に入金された給与などが借金の返済に回されることはないので、ご安心ください!

 

他の銀行口座を自動引き落としで利用する

 

光熱費や家賃などの自動引き落としなども、全く別の、借金とは何も関係のない銀行へ変更しておくと安心です。

自動引き落としにしていませんか?

  • 家賃
  • 光熱費(電気・ガス・水道)
  • クレジットカード
  • 保険

 

振込用紙を使い、コンビニエンスストアなどで、現金払いする方法もありますので、ご自身の都合のよい支払い方法を確認しておきましょう。

 

管理人
管理人
保険と任意整理の関係はこちらの記事で詳しく紹介しています。

 

任意整理をすると新規で保険に入れない!?今の契約はどうなるの?任意整理をしても保険には新規で入れるのか、今入っている保険の契約はどうなるのか気になって、任意整理に踏み切れずにいませんか?任意整理では、個人再生や自己破産の場合の保険の取り扱いとは異なります。任意整理と保険の契約について知りたい方は、必見です!...

任意整理と口座凍結について気になる疑問

管理人
管理人
それでは、最後に口座凍結に関する気になる疑問を紹介していきます。

 

銀行口座が取引停止(凍結する)のは困る!避ける方法は?

 

銀行口座の取引停止(凍結)を避けたいのなら、任意整理の時に、その借金は選ばないことです。

これは、任意整理の大きな特徴でもあるのですが、「どの借金を整理するか選ぶ」ことができるため。

個人再生(民事再生)や自己破産では、すべての借金が債務整理の対象になります。

銀行口座の取引停止(凍結)を避けたいなら、銀行からの借金を任意整理の対象外にする

  • 銀行カードローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン など

 

口座凍結を一刻も早く解消させたい!手段はある?

 

残念ながら、保証会社が借金を肩代わりする「代位弁済」が完了するよりも前に、他の方法で凍結を解消させる方法はないのです。

なので、事前準備はしっかりしておきましょう!

銀行口座の凍結は、代位弁済の手続きが終わるまで解除されない

 

キャッシュカードをATMに入れるとどうなる?

 

口座凍結されている銀行のキャッシュカードをATMに入れても、ただ単に取引ができないだけで特に問題はありません!

ATMにカードを入れたとしても「お取り扱いできません」と表示されるだけで、カードは返却されます。

 

ただ、万が一、犯罪を犯して口座が凍結された場合、話が違ってきます。

『凍結名義リスト』という、警察庁のブラックリストのようなものに登録され、ATMにカードを入れるとカードが返却されないことがあります。

口座を凍結された銀行のキャッシュカードをATMに入れても、返却されるだけ

 

任意整理で銀行口座が凍結しても新規開設できる方法とは?まとめ

 

今回は任意整理により、口座が凍結されてしまうことについて、詳しくみていきました。

まとめると、このようになります。

 

本記事のまとめ
  • 任意整理に銀行からの借金を含むと、その銀行口座は凍結される
  • 銀行口座が凍結している約1~3か月間は、取引が一切ができなくなる
  • 借金に関係のない別の銀行口座は、凍結されず新規口座の開設もできる

 

凍結された時点で口座に残高がある場合、そのお金は残りの借金に回されてしまいます。

 

銀行口座が凍結される前に準備しておきたいこと

  • その銀行の別の支店も含め預金はすべて引き出しておく
  • 給与の振り込みや自動引き落としは別の銀行口座で

 

ここは、「ご自分で全てできる」なら、読み飛ばしてください。

任意整理の、手続きや交渉の代理は、複雑で、法律に精通していなければなりません。

できるだけ、弁護士や司法書士に任せましょう。

 

弁護士や司法書士は、「借金をどれくらい減額できるか?」「賃金業者によってどのように対応すべきか?」など、多くの情報を持っていますので、きっとあなたの力になってくれます。

また、今は無料相談ができる弁護士事務所も多くなってきています。

一度、法律のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。