任意整理

任意整理をすると借金の元本は減額できる?減らせない場合の対処法は?

 

相談者
相談者
任意整理をすると利息は免除されるのですよね?できたら元本も減ると嬉しいのだけれど

 

こんな方は、いらっしゃいませんか?

 

そこで、今回のポイントはこちらです。

 

任意整理をして過払い金が見つかった場合、元本を減らすことができます!

 

長年返済をしている場合には、過払い金が発生していた可能性があります。払いすぎた利息分を相殺して減額してもらいましょう。

 

管理人
管理人
もし過払い金が無かったとしても、その他の方法で元本の減額ができないか考えていきましょう!

 

という訳で今回は、任意整理をするときに「元本を減額する方法・減額できないときの対処法」について解説していきますね!

 

 

任意整理をすると、借金の元本は減らすことができるの?

 

任意整理では、元本の他に支払う必要のあるお金を免除し、残った元本を分割して返済していくことを貸金業者側に合意してもらいます。

 

元本のほかに支払う必要のあるお金とは・・・

  • 将来利息(これから返済時に支払う予定だった利息)
  • 遅延損害金(返済に遅れが出てしまったときに発生する損害金)

 

一般的に、借金からこれらを除いた元本を約3年から5年をかけて返済していきます。

つまり、基本的に元本は減らせないのが任意整理です。

 

しかし任意整理をして、これまで支払いで「過払い金」が見つかった場合には元本を減額させることも可能です。

 

任意整理は、手続きが簡単・早期の解決が見込めるため周囲にバレにくい・交渉次第で財産を残すことができるなどのメリットがあります。

そしてなにより、裁判所を介さず手続きできる債務整理であることが、借金の減額させるためにはとても重要です。

 

裁判所を介さない=私的な交渉」なので、交渉次第では元本の減額を貸金業者が認めてくれるケースがあるのです。

また、もしも任意整理で元本の減額が困難となりお困りでしたら、別の方法で減額できないかを考えてみましょう。

借金の返済がどうしても難しいという状況になってしまった場合には、任意整理とは異なる債務整理の手続きへ変更することで、元本の減額は可能です。

 

それでは、最初に任意整理で借金の元本を減らしていく方法について解説していきます。

 

 

任意整理で借金の元本を減らす2つの方法

 

借金の元本は、次の2つの方法で減らすことができます。

 

  1. 過去の払い過ぎた利息を精算して、借金の元本を減額する
  2. 頭金を払ったり、一括返済をすることで借金の元本を減額する

 

ひとつずつ、詳しく見ていきましょう。!

 

過去の払い過ぎた利息を精算して、借金の元本を減額する

 

過払い金とは、過去の払い過ぎた利息のことを指します。

 

もし2010年より前から返済を続けているのであれば、過払い金があるかもしれません。

というのも、2010年より前は「グレーゾーン金利」という違法な金利を加算され、支払いを続けていた可能性があるからです。

 

 

 

「グレーゾーン金利」は、利息制限法に基づく上限の金利を超えるものです。

今となっては完全に撤廃されていますが、出資法の上限を超えさえしなければ、以前は貸金業者側が刑事罰に課されることはありませんでした。

 

過去に違法な利息を加算されて払い続けていたことが発覚した場合には、残りの借金の元本を減額することができます。

 

過払い金があまりに多い場合は戻ってくる額が残りの借金の金額を上回り、プラスでお金が受け取れるというケースもあります。

 

借金返済がすでに完了していたとしても、最後の返済から10年以内でしたら過払い金の請求は可能です。

過払い金は、本来であれば払わなくて良い利息です。絶対に取り戻しましょう!

 

これまでの返済に過払い金がないか気になる場合には、弁護士や司法書士に相談みてはいかがでしょうか?

 

管理人
管理人
専門的な計算方法を使って、過払い金がどのくらいあるのか?確認していきます!

 

頭金を払ったり、一括返済をすることで借金の元本を減額する

 

借金の元本を減らして欲しいと交渉するのもひとつの手段です!

 

交渉条件
  1. 一定のまとまった額を用意して、頭金を支払う
  2. 残りの借金を一括で返済する

 

どちらかの条件を、提示することができないか検討してみましょう。

 

貸金業者としても、自己破産をされて1円も回収出来なくなることは避けたいはずです。

事情を考慮して元本を減額することに応じてくれるケースもあります。

なお、交渉をする際には長い目で見ても借金の全額返済が難しい等、債務者側の事情についても弁護士から賃金業者へ説明をしてもらいましょう。

 

管理人
管理人
ただし、交渉は一筋縄ではいきません

 

そもそも元本の減額をすれば貸金業者にとっては赤字確定です。簡単に応じてくれるものではないということは、念頭に置いておきましょう。

 

借金の専門家である、弁護士や司法書士は交渉のプロですので、業者によっての特徴や減らせる額がどれくらいかなど聞くことができます。

借金の元本減額ができるかどうか知りたい方は、まずは相談されてみてはいかがでしょうか?

 

 

借金の元本を減額できない!返済が困難な場合の対処法

 

先ほどご紹介したふたつの方法で借金の元本を減らせず、将来利息や遅延損害金の免除だけでは借金を全額返せない!という場合もあるかと思います。

どうしたらよいものか・・。と、頭を抱えてしまいますよね。

 

そんな場合でも、対処する方法はあります。それぞれ解説していきますので、検討してみましょう。

 

借金の元本が減らせないときは…
  1. 借金の返済期間を見直す
  2. 他の債務整理を選択する

 

借金の返済期間を見直す

 

毎月の返済額を減らすことで、完済していく方法があります。

 

任意整理では、一般的に借金の元本を約3年から5年をかけて返済するとお伝えしました。

けれど、返済期間についての規則は特にありません。

 

返済期間や返済回数は、貸金業者との話し合いで決めていきます。

5年を上回る返済期間になると長期分割と言われますが、それに応じてくれる業者もいます。

 

 

交渉の難しさでいうと、貸金業者にとって赤字となる元本を減額することよりも、返済期間を伸ばすことのほうがハードルが低いといえるでしょう。

 

他の債務整理を選択する

 

借金の元本減額を希望するのであれば、任意整理以外の債務整理も検討してみるべきです。

 

自己破産では、将来利息や延滞遅延金のみならず元本までも借金をゼロにできます。

また「個人再生(民事再生)」であれば、最大2割り程度まで借金を減らすだけでなく、車やマイホームを手放さずに済みます。

 

ただし、もちろんこれらの債務整理は良いことばかりではありません。

それぞれの債務整理がどのようなものかしっかり理解した上で、どの手続きをするべきか選択しましょう!

 

自己破産・個人再生(民事再生)の特徴

債務整理(種類) メリット デメリット
自己破産
  • 借金を2割程度まで減らせる
  • 車やマイホームは維持できる
  • 借金の理由は問われない
  • 事故情報が登録される
  • 官報に掲載される
  • 保証人に影響がある
  • 複雑な手続きがある
個人再生(民事再生)
  • 借金がゼロになる
  • 財産の多くを手放すことになる
  • 職業資格を一定の間、停止される
  • 事故情報が登録される
  • 官報に掲載される
  • 保証人に影響がある
  • 複雑な手続きがある

 

 

元本の減額についての気になる疑問

 

管理人
管理人
最後に、元本の減額を考える方から寄せられる疑問をご紹介します。

 

一括返済することで減らせる元本はどのくらい?

 

一括返済で減らせることのできる額については、貸金業者との交渉によります。

過去の例を紹介しますと、減額交渉に成功した多くの場合では10%~20%の元本を減額することで和解しています。

 

また極めて少ないケースですが、元本が半分以下になることもあります。

自己破産をされるよりはましである」と賃金業者に判断されれば、交渉はスムーズに進む可能性が高いです。

 

ですが、借金の減額はもちろん貸金業者にとっては赤字になるので、そう簡単に元本の減額をしてくれるものではありません。

少しでも減らすことができれば、概ね希望が叶ったと捉えましょう!

 

減額をするための交渉は自分でするの?

 

借金の専門家である、弁護士や司法書士に代理を依頼しましょう。

 

個人で任意整理の手続きから交渉まで行うことも可能ですが、貸金業者に不利な条件を付きつけられたり、そもそも相手にされないことがあります。

払いすぎた利息があったことが発覚したとしても認めない、もしくは債権・債務関係がないものとしてゼロ和解させられることも考えられます。

 

専門的な知識をもつ弁護士や司法書士に任せることで、貸金業者側に有利になるような誤魔化しは効きません。

 

任意整理と一括返済の督促に応じるのでは、どっちが良いの?

 

任意整理後をした後に頭金を払ったり、一括返済をして元本の減額を交渉する方法もあります。

しかしながら、その交渉で必ずしも希望に沿った減額となるわけではありません。

 

もしも一括返済の督促に対応できるのでれば、任意整理の手続きをするのではなく借金を完済しましょう。

 

ブラックリストに登録されてしまうと概ね5年間、ローン契約やクレジットカードを作成することができなくなります。

任意整理には、このようなリスクがあることも忘れてはいけません。

 

もしも両親から援助が受ける等で、まとまったお金が用意できるのであれば、債務整理をせずに完済したほうが良いでしょう。

 

任意整理をすると借金の元本は減額できる?減らせない場合の対処法は?まとめ

 

今回は任意整理をして借金の元本を減額できるのか?を解説してきました!

改めてこの記事でお伝えしたことは以下です。

 

本記事のまとめ
  • これまでに払いすぎた利息があれば、元本と相殺できる
  • 元本の減額を交渉するには、頭金の支払いや一括返済を条件に行う
  • 自己破産や個人再生をする選択肢もある

 

任意整理では、過払い金の発覚や交渉により元本を減らせます。

ただし減額交渉は貸金業者にメリットがあると思わせない限り、厳しいものです。

 

減額できた多くの場合は、過払い金による相殺です。

過払い金があるのかどうか知りたい方は、まず専門家に確認を依頼しましょう。

 

管理人
管理人
弁護士や司法書士であれば、減額がどの程度可能かなどの情報も教えてくれますよ♪